Visionary Artist Keisuke Fukase 深瀬啓介

深瀬 啓介のメッセージ

私はオーラ常態視者で、逆に普通の物体をデッサンすることは困難です。

デッサンを学んだ時は他の人の絵のタッチを真似ながら、「インナービジョン」で物体の構造を見てその表面をなぞるという描き方を訓練しました。

Keisuke Fukase 深瀬啓介 そのため人物を描くと構造的な固い感じになってしまいます。

先生から「見たままを描きなさい」と言われたのでそのように描いたら「抽象画ではない」と注意されていました。

私には“普通の人”が見ているような顔の表情や皮膚の質感は見えないので、普通に見える似顔絵のようなデッサンを描くことは難しいです。そのまま描いたら人の顔には見えないかもしれません。

また、幼い頃から大いなる存在とつながっていまして、「スピリチュアル・ビジョン」という力で自動的に絵を描いていました。

この描き方は必ず水性のペンでなければ起きませんでした。水は霊とつながるための媒体のようです。

中学三年から大いなる存在に抵抗をし始めたので、「スピリチュアル・ビジョン」はできなくなりましたが、40歳で再び大いなる存在を受け入れました。

その後、大いなる存在のことを「人生を導くガイド」と呼ぶことにしました。

trust Keisuke Fukase 深瀬啓介 ガイドとつながると私の心の中に感謝と平和が溢れます。右手の力は抜けて軽くなり、目を開けていても「インナービジョン」のスクリーンが広がります。

右目はスクリーンが強く半分夢を見ているような気分ですが、左目は物質世界を見ようと頑張っていますのでスクリーンが薄く透けています。

スクリーンの映像は立体的で、意識を向けると匂いや音や手触りや温度も感じられます。メインの大きなスクリーンの周りには小さなスクリーンがいくつもあります。

小さなスクリーンはスライド写真のように動かして映像を切り替えることが出来ます。それぞれのスクリーンで時間の流れが違い、速く流れているものもあればスローモーションのように見えているものもあります。

周りの小さなスクリーンのどれか一つに注意を向けるとそれが拡大されて見えます。その中に入りこむような感じで見ると、画面が大きくなって立体的な夢の中に入ります。気をつけないとそのまま眠ってしまいます。

ある霊能者からは「スピリチュアル・ビジョン」の時の私を見ると膨大な情報が滝のように一度に沢山やって来ているように見えて気が狂いそうになると言われました。

love Keisuke Fukase 深瀬啓介 私は言葉に変換することが難しいほど一度に膨大な情報を受け取っていますが、私の心はいたって平和で愛と感謝の中で手が自動的に動くことを楽しんでいます。

オーラの絵はどこかの本に描かれているものの再現ではなく、実際の観察に基づいて記録したものです。

仏や神さまに見えるような姿でさえ宗教画ではなく、ビジョンの中で受け取ったイメージです。

あなたも目を閉じた時に見える「単なる残像かも」や「単なる思い込みかも」としていた白いモヤにあえて意識を向けてみてください。

何分間か静かにまぶたの裏のスクリーンに注意していると、そこに浮かんでくるのは何でしょうか?

白いモヤのままであっても時間が経てば何かの映像が見えてきます。

「インナービジョン」で観察して描いたオーラや、「スピリチュアル・ビジョン」で描かれた様々な風景を皆さまにお伝えしたいと思います。

深瀬 啓介

Message of Keisuke Fukase

I am an aura normal viewer, and it is difficult to draw a normal object.

When I learned drawing, I trained how to draw and trace the surface of an object by observing the structure of an object with "Inner Vision", imitating the touch of another person's painting.

Therefore, when you draw a person, it becomes a hard structure.

The teacher told me to “draw as I see it”, so if I drew like that, I was warned that it was not an abstract painting.

I can't see the facial expression and texture of the skin that an “ordinary person” sees, so it is difficult to draw a sketch that looks like a normal caricature. If you draw it as it is, it may not be visible on the human face.

In addition, I was connected to a great existence from an early age, and automatically created paintings with the power of “spiritual vision”.

This drawing method would never happen unless it was a water-based pen. Water seems to be a medium for connecting with the spirit.

Since I started resisting the great existence from the third year of junior high school, I couldn't create a “spiritual vision”, but at the age of 40 I accepted it again.

After that, I decided to call the great being a “guide to lead life”.

Connecting with the guide will give me gratitude and peace in my heart. The power of the right hand is released and lightens, and the “Inner Vision” screen expands even if you open your eyes.

The right eye feels like a half-dream with a strong screen, but the left eye is trying to see the material world, so the screen is thin and transparent.

The screen image is three-dimensional, and if you turn your consciousness, you can feel the smell, sound, touch and temperature. There are a number of small screens around the main large screen.

The small screen can be moved like a slide photo to switch images. Each screen has a different flow of time, some of which are flowing fast, some of which look like slow motion.

If you focus on one of the small screens around it, it will appear magnified. If you look at it as if you were in it, the screen will become larger and you will enter a three-dimensional dream. If you are not careful, you will fall asleep.

A psychic told me that when he saw me at the time of "Spiritual Vision", he felt that a lot of information was coming like a waterfall all at once.

I have received so much information at one time that it is difficult to translate into words, but my heart is very peaceful and enjoys the automatic movement of hands in love and gratitude.

The picture of the aura is not a reproduction of what is drawn in some book, but is recorded based on actual observations.

Even a figure that looks like a Buddha or a god is not a religious painting, but an image received in a vision.

Try to be conscious of the white moya that you may have seen when you closed your eyes.

If you're quietly paying attention to the screen behind the eyelids for a few minutes, what will come up?

Even with the white haze, you can see something over time.

I would like to share with everyone the auras that were observed and drawn with "Inner Vision" and the various landscapes that were drawn with "Spiritual Vision".

Keisuke Fukase 2019.